イーライズ こども歯科 矯正クリニック

046-622-8219

火・水・木・金・土・日

★緊急告知★8/3(土)夏祭りを開催いたします!

こんにちは!受付の原田です。

皆さん、夏休みはいかがお過ごしでしょうか?

 

暑すぎて外に出られない…(+_+;)

お金をかけずに子どもが遊べるところがあったらな…

そんなアナタに朗報です!

 

イーライズの夏祭り、開催決定~!!

8月3日(土)12:00~17:00

ヨーヨー釣り、お口を使った遊び、工作コーナー などなど…

歯医者さんならではの”遊び”をたくさんご用意してお待ちしています♪

当日は院内を自由にご覧頂け、院長へのご相談も自由に受付けます。

どうぞお気軽にお立ちより下さい。

 

夏休みの思い出に、イーライズのお祭りに参加してみませんか?

スタッフ一同楽しみにお待ちしております♪

 

\  着々とお祭りの準備、進行中! /

 

こども用歯ブラシ、どう選ぶ?

受付の原田です。

本日はイーライズショップより、子ども用歯ブラシの選び方についてご紹介します。

 

皆さんは、お子さんの歯ブラシ、何を基準に選んでいますか?

「こどもが好きなキャラクターのもの!(見た目重視派)」

「ちょうどよい価格のもの!(お値段重視派)」

子どもが喜んで歯みがきをするよう、好きなデザインで選ばれる方、

まめに買い替えるものだから、料金が抑えられるものを選ばれる方、

当院のアイテムコーナーでも、様々なご意見を聞きます。

今日はお子さんの歯ブラシ選びのポイントをご紹介しますね。

 

イーライズの歯ブラシ選び、ポイントは4つ。

①ヘッド(ブラシのついている部分)の小さいものを使いましょう

お子さんの前歯2本分のサイズ幅のものがおススメです

②毛の硬さは普通(M)または、柔らかい(S)ものを選びましょう

お子さんが力を入れすぎて、歯や歯茎を傷つけないよう、硬めのものは避けてください
③毛が密で、長すぎないものを選びましょう

毛量が多いほうが、より歯垢を絡めりやすくなります
④手の大きさに合ったハンドル(持ち手)のもの

お子さんが持ちやすい、磨きやすいハンドルのものを選んでください

 

そして、本人磨き+親御様の仕上げ磨きを習慣化しましょう!

こどもの頃に自分に合った歯ブラシで歯を丁寧に磨く習慣をつけることが非常に大切です。

イーライズでは、ハミガキ指導も行っています。
気になる方は、お気軽にご相談くださいね☺

8月休診日のお知らせ

こんにちは!受付の原田です。

雨続きから一転、今日はとても良いお天気ですね!

子どもたちにとっては、待ちに待った夏休み到来!

「今日から夏休みだよ!」「プールに行ってきたよ!」「今度おじいちゃんちに行くの!」と

いつも以上にパワフルな声が飛び交っております。

 

さて、8月のお知らせです。

★8月11日(日) 祝日のため休診

★8月13~15日は10:00~17:00まで診療致します。

 

そしてもう1つお知らせがございます!

8月より診療時間が拡大し、10:00~20:00まで診療が可能になりました!

部活帰り・習い事帰りのお子さんも、お時間にゆとりをもってお越し頂けます。

どうぞお気軽にご連絡下さい。

 

現在イーライズでは、夏祭りのイベントを計画中…!!

近々詳細をUP致しますのでお楽しみに!

 

 

👆江の島からの藤沢VIEWをお届け!

さあ夏を楽しむぞ~~~~!☺

 

 

イーライズの図書会員になりませんか?

受付の原田です。

当院では、歯にまつわる本はもちろん、発育や食育に関わるお勧め本を

数多くご用意しております。

離乳食、手掴み食べ、足指のストレッチ、口腔機能のはたらき、からだの機能と発達…

どれも、育児において知ってほしい本ばかりを、院長自ら選びました。

 

お子さんの診療中の待ち時間に、手に取ってご覧になる方も大変多く、

「良い本が多くてどれも気になります!」そんな嬉しいお声もちらほら。

ご自宅でゆっくりご覧になりたいお母さまたちの声にお応えして、

当院では、図書会員制度をご用意しております。

 

入会金500円(品質保持・保証料)で、イーライズの『図書会員』のご登録が可能。

貸出期間最長1ヶ月・貸出冊数の制限なし。

当クリニックに通院履歴のある方であれば、どなたでも会員になれます。

 

気になる方はお気軽に受付へお声かけください。☺

 

 

小さなドクター誕生!

受付の原田です。

本日はいつもお兄ちゃんの治療ついて来てくれるHくんの

NICE✨SHOTをご紹介!

Hくんは、お兄ちゃんの治療の間、キッズスペースで遊んだり

受付横にひょっこり顔を出しに来てくれたり、

いつもニコニコ笑顔を見せてくれます☺♡

 

そして、今日はイーライズのフォトフレームに興味深々!

スタッフもうっかり忘れてしまいがちのこのフレーム&白衣。

実はこちら、昨年の12月1日当院がOPENした際に作った記念すべきフォトフレームなのです!

久しぶりに日の目を浴びたアイテム達が大活躍しました☺

ありがとう!Hくん!

 

Hくんは、お兄ちゃんが大好き。

お兄ちゃんが診療室に入るなり、「ぼくもお口みてもらう!」と

歯医者さんを全く怖がりません。

元気いっぱいの笑顔をいつも楽しみにしてるよ~!

 

お写真のご協力、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

当院が掲載されました!

受付の原田です。

先日発売された「デンタルクリニックデザイン事典 vol.1」に

当院が掲載されました!

 

\ わーーーーー! /

当院は、クレスデザイン株式会社の江畑さんに設計・デザイン頂き完成しました!

当院のシンボルであるオレンジフラッグをはじめ、

ガラス張りの通りからも目を引くフェイクグリーン。

温かみのある内装は、患者さんからもご好評いただいています。

改めて、江畑さん、クレスデザイン株式会社の皆様に感謝申し上げます。

 

ご掲載ありがとうございました!☺

正しい舌の位置・・・?

受付の原田です。

今日は歯列に影響を与える「低位舌」について、お話します。

低位舌(ていいぜつ)とは、安静時に口腔内における舌の位置(ポジション)が、

正常位に比較して上下的に低位に定着している舌の状態を指して言います。

 

では、適切な舌の位置はどこなのか!

ズバリ、適切な舌の位置はココです!

口を閉じているときに・・・、

・舌全体が上顎のへこんだ部分にくっついて収まっている

・舌先が上の前歯についていないこと

この二点を意識してみましょう!

 

さあ、皆さんも自分が低位舌かどうかチェック!

チェックポイント①☝ 深呼吸で確認する

思いっきり息を吸って吸って、吐きましょう。

吐いたときに口から呼気が出た人は低位舌の可能性あり!

口を閉じて鼻からのみ呼気が出た人は、普段から

鼻呼吸をしている可能性が高いです。☺

 

チェックポイント②☝ 鏡で舌の縁(ふち)を見る

舌の縁についている凸凹と波打つような跡は、上顎に収まるべき舌が

下顎に落ちて付いた下顎の歯型。(低位舌)

上顎に接していない低位舌は上顎とこすれて落ちるはずの汚れが残り

舌が白く見えます!

 

姿勢や呼吸は「舌」や「顎」の位置に影響を与え、

舌や顎の位置は「歯列発育」に影響を与えます。

「低位舌」を改善するには、お口のトレーニングが効果的!

当院では、お口のトレーニング指導(MFT)を行っています。

お気軽にご相談くださいね!

 

お口の育て方、第二弾!

検査士の松尾です。

皆さん、お待ちかねの「お口の育て方」第二弾が発行されました!

      \ じゃーん! /

今回のテーマは、「フッ素」。

歯みがき粉や洗口剤、歯科医院でのフッ素塗布…。

取り入れ方は様々ありますが、お子さんにとっての適切な量や使用方法について

是非この機会に理解を深めてみませんか?

今日は第二弾から、ほんの一部をご紹介!

 

Q.フッ素は何歳から始めたらいいんですか?

A.下の前歯が生えてきたころから定期的に歯科へ通い、

  上下の前歯が生えてきたらフッ化物の塗布を行ってみてください。

  うがいが出来ないご年齢でもフッ化物を塗布することは可能ですよ!☺

 

「お口の育て方」は当院の待合室でお配りしています。

ご希望の方はお気軽にお声かけくださいね!

7月から木曜日の診療が始まります!

受付の原田です。

Informationでも告知しておりましたが、

7月より診療日が変更となります。

今まで、月曜・木曜・祝日を休診日としておりましたが

7月から、木曜日も診療が出来るようになりました!

   \ ヤッター!! /

今後は、月曜・祝日が休診日となります。

診療時間は変わらず、【10:00~19:00】まで。

※7月21日(日)は社内研修のため、休診日となります。※

診療内容によって受付の最終時間が変わりますので、

お早目にご連絡下さいませ。

皆様にお会いできますのを、スタッフ一同楽しみにしております!

素敵な贈り物が届きました

保育士の中澤です。

先日、宮城県石巻市の「坂井おとなこども歯科」坂井先生から

とても素敵な時計を頂きました。

    チクタク、チクタク

秒針が進むたびにオレンジ色の歯ブラシの振り子が左右に揺れ、

時計の歯を磨くような動き。

≪か……かわいい!!!♡☺♡≫

凝ったデザインに、スタッフ一同大喜びです!

坂井先生と当医院院長は、”咬合育成研究会”での勉強会にて
一緒に学びを深めていらっしゃる方です。

場所は離れていても
同じ志を持った先生がいる事は
私たちにとって、励みになります。

素敵なプレゼントをありがとうございます!
早速待合室に飾らせて頂いております。

MENU